FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bizaramente Cantabile(前編)
 ある狩りの後の雑談。
「私ってさ、精神修練より祈祷修練が主だったじゃない? 最初っから退魔専門のプリーストになるつもりだったし、だから多人数の支援って向いてないのよね。……そりゃあ、精神修練が甘かったのは認めるけどさ、支援の技術どうこうより、精神力が続かないのよ。すぐに疲れちゃって。適度に休憩もらえないと、つらいなぁ」
 私の前では幼馴染みの拳聖が、傾きかけている日の光にウィンドオブヴェルデュールをかざして純度を確かめている。私の話を聞いているんだか聞いていないんだか分からない。
 私は構わず話し続けた。
「確かにあの修道院、不死とか悪魔ばっかりだからすごく良い経験にはなるんだけどね。連れて行ってもらえるのも嬉しいんだけど、でも今さら精神修練を積んだところで伸び幅なんて知れてるし、何か息切れしないためのいい方法ってないかなあ」
 彼は一つを確認し終えると、また新しい原石を手に取って夕日にかざした。私はさすがに少し腹が立って彼をじっと睨みつける。
 私の声をバードの歌かなんかとでも思っていたのだろう。私の声が止んだことに気付いた彼はようやく、視線を原石から私に移した。
「そうだなあ」
 話、聞いてなかったな……。
 私はそう思って、それでも彼を試すように返答を待つ。彼は白々しく考えるような振りをして、そしてこう言った。
「それでも、リシェさんってあんまり疲れてないように見えるけど?」
 私の脳裏に、酒場の壁際に座って天井を眺めている女性プリーストの姿がよぎった。夜の闇のように深い色の髪と、同じ色の瞳。人当たりが良くてよく誰かと話をしているけれど、ふと気付くと沈黙して天井を眺め、何かを考え込んでいる。私の知る限り、リシェさんという人はそんな人だった。独特の雰囲気と不思議なリズムを持つ、私と同じ退魔型のプリースト。
 そういえば狩りに出かけた時、あの人が疲れているところを見たことが無かった。それどころか、私が何をしようとしても、必ず彼女の方が先に動き始めている。
「何かコツでもあるんじゃね? 今度聞いてみたら?」
 私は彼の投げやりな返答に腹が立った。でももしかしたら、私はただ他の誰かと比べられて、自分の方が劣っていると言われている気がして腹を立てていたのかもしれない。
「さて、オレはそろそろ行くよ。飲みに誘われてんだ」
「え?」私は驚いて、立ち上がる彼の顔を見上げた。
「ん?」
「清算はどうするの?」
「どうせ大したもの出てないだろ? ウィンドオブヴェルデュールは半々に分けたし、後は各自で売りに行けばいいんじゃね?」
「……晩御飯、作ってくれないの?」
 私がそう言うと、彼は呆れたように長い息を吐いて肩を落とし、言った。
「腐った肉でも食ってろ。じゃあな。……速度くれるか?」
 私は恨めしげに彼を見ながら、速度増加の祈りを捧げた。ただし、思いっきり手を抜いて。
 彼はお礼代わりに手を挙げて去っていく。次の角を曲がるあたりで速度増加の奇跡は効果を失うだろう。私の知ったことじゃない。私は短くテレポートの祈りを囁いてその場を去った。
 次の日、私はいつものパーティに誘われて名も無き島へ行くことになった。ロードナイト、ハイプリースト、クラウン、ハイウィザード、ウィザード、そしてプリーストとして私ともう一人……あのリシェさんがいた。
 島の桟橋で他のメンバーを待っている間も、リシェさんは不気味な黒雲が立ち込める真っ暗な夜空を眺めて、何か思いをめぐらせていた。私は思い切って話しかけてみた。
「あの、リシェさん」私が呼びかけると、リシェさんはゆっくりと私の方に顔を向けた。「精神力の消耗が厳しいので、ブレッシングをお任せしてもいいですか?」
 リシェさんは微笑みながら頷いて、「りょうかーい」と言った。そしてメンバー達にブレッシングの祈りを捧げる。私もそれに倣って速度増加の祈りを捧げた。
 でも、リシェさんは自分で速度増加の祈りを捧げていた。
 わずかに聞こえたその祈りの内容に、私は少し違和感を覚えた。
 けれどその時の私は、私の負担を減らしてくれたのかな、としか思っていなかった。



 名も無き島の修道院は、まるで毒素を持った霧が立ち込めてるみたいだった。かすかな腐臭が耐えることなく鼻をつき、淀んだ空気が生暖かく泥のように重い。
 時折、けたたましい叫びが建物のあちらこちらから反響して聞こえてくる。愚かな邪法の研究によって堕落したある神官によってこの世に生を受けた『この世にあらざる者たち』の雄叫びだ。
 退魔を専門としてきた私は、この修道院の玄関ホールに立った時、いつも心の奥底から奮い立つものを感じる。そのたびに私は逸る心を押さえつけなければならなかった。……私にはまだ、この修道院に巣食う不死や悪魔を退けるだけの力はない。<それは今の私が考えるべきことじゃない>。仲間を支援し、仲間と一緒に魔を退ける。私のするべきことは、仲間の支援なんだ……私は自分にそう言い聞かせた。
 そして、仲間への支援についても、私は一流になりたかった。
 リシェさんの方を見ると、彼女はメンバーのハイプリーストと何か話している。
 ──私とリシェさんの、どこがどう違うって言うのよ。
 幼馴染みの拳聖が、私に皮肉ったような嘲笑を向けるイメージが白昼夢のように浮かんで消えた。私は唇を引き締め、今日は徹底的にリシェさんの動きを追い続けるんだ、と決意を固くした。
 今日の目的は、修道院地下三階を根城にする死霊使い、ネクロマンサーの討伐だった。私たちは各自テレポートで移動し、地下三階へ降りる階段の前に集合した。
「みんな揃ったか?」パーティリーダーのロードナイトが仲間をぐるりと見渡して頷いた。ハイプリーストがアスムプティオの奇跡を乞い、リシェさんと私がブレッシングと速度増加の祈りを捧げる。
 でもやっぱりリシェさんは、自分で速度増加の祈りを捧げていた。



 最初のうち、討伐の戦果は上々だった。
 私たちは厨房から牢獄の部屋を経由して中央ホールを通り抜け、礼拝堂に向かった。広い部屋では何体ものネクロマンサーが、彼らの術によって操られたゾンビスローターを引き連れて襲い掛かってきた。
 先行するロードナイトがネクロマンサーの猛攻に耐え、私たちは彼の傷を癒す。その間にクラウンがブラギの歌で魔力基礎の空間を築き上げ、ハイウィザードとウィザードが詠唱を省略して大魔法を発現させる。リシェさんと私も、補助火力としてマグヌスエクソシズムの儀式を完成させる。
 その火力は圧倒的で、何体ものネクロマンサーがなす術もなく倒れていった。
 それでも、私の気分は曇っていた。リシェさんのマグヌスエクソシズムの完成が、いつも私の儀式完成より早かったからだ。
 詠唱に要する時間はそんなに変わらない。ただリシェさんの儀式開始が、私よりずっと早いだけだった。的確な位置を素早く見定め、支援の間を縫って儀式を開始する。しかも決して支援を絶やすことがなくて、私はいっつもリシェさんのブレッシングを合図に速度増加の祈りを捧げていた。
 経験の差だ……。私はそう思った。どれだけ修練を積んだとしても、その差だけは埋めようがない。私とリシェさんとの間に横たわる、それが大きな差だった。<少なくともこの時の私は、まだそう思っていた>。……



 そして、何度目かに中央大広間へと足を踏み入れようとした時のことだった。
 先頭を歩いていたロードナイトが悲鳴と共に倒れた。続いて、何が起こったのか確認しようとした先頭集団のメンバーが次々に倒れ……横でリシェさんのテレポート詠唱が聞こえた時、私は身体が引き裂かれるような激痛の感覚を最後に、意識を失った。
 薄れる意識の中で、私は見た。
 私たちのパーティを一瞬にして壊滅させた、醜悪なハエの姿の悪魔王、ヴェルゼブブの姿を。



えっと……載せる載せると言いつつ全然載せてなかった創作です。しかも前編だけ。
まるまる全部書き直したいような感じなのですが、とりあえず載せることにしました。
後編は話はあるので、頑張って書きます……。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

新作
俺出てないじゃな~い!


| URL | 2008/11/21/Fri 00:52 [EDIT]
お疲れ様です
プリで部活に参加してた時を思い出して、懐かしいなと思ったり。
後編も楽しみに待ってます!
りしぇ | URL | 2008/11/23/Sun 06:31 [EDIT]
この次はジェントルな俺だな。
マシュマロ | URL | 2008/11/24/Mon 23:28 [EDIT]
エレガントな俺の出番はまだ?
ふぁの字 | URL | 2008/11/25/Tue 03:24 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 凛としたRO日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。